My Yahoo!に追加
簡単☆ダイエット
RECENT COMMENTS
簡単☆ダイエットカテゴリー
ARCHIVES
LINKS
プラチナ☆ダイエット
ブログ管理人
  • ダイエットについてこのブログでいろいろ調べていきたいと思います。お問い合わせはこちらまでお願い致します。
スポンサードリンク

簡単 ダイエットでキレイになる♪♪♪

無理をせず無駄を無くす!超簡単ダイエットの方法や楽して痩せる理想のダイエット! 実感できる方法を発見!試して感動『成功への階段』と、なるようにどんどん応援します!ダイエットや健康についての最新情報も紹介していこうと思います♪
スポンサードリンク
<< 簡単!ダイエット☆チョコレートダイエット | main | 簡単!ダイエット☆フルーツで痩せる黄金法則 >>
簡単!ダイエット☆まぐろ、さばに含まれるDHAで脳細胞が若返る
近頃・・・
・車の運転が下手になった
・物をどこにおいたか忘れる
・人の顔は思い出せても名前が思い出せない
などが当てはまる人は体のある部分が硬くなっているかも知れません。

その硬くなっているある部分とは
脳細胞膜です。

そして脳細胞膜を柔らかくする成分が、まぐろやさばなどの魚の油に含まれているDHAです。1日のDHA摂取量の目標値は1000mgだそうです。
そしてDHAを取らなければ脳細胞が、硬くなってしまうようです。


まぐろ、さばに含まれているDHAが脳細胞に良い影響をあたえるのは明白

発掘あるある大辞典番組中で、DHA1000mgを3週間取り続けたチームと、取らないチームに分けて(発掘あるある大辞典ではよくやる企画です)、
DHA1000mgを3週間とり続ける前と後でテストを行ったところ

DHA1000mgを取らなかったチーム
1811点⇒2012点 約200点アップ

DHA1000mgを3週間取り続けたチームが
1806点⇒2402点 約600点アップ

となっており、まぐろ、さばに含まれているDHAが脳細胞に良い反応をもたらしているのは明白でした。
そして、ある2つの分野の点数が際立ってアップしていました。その2つの分野とは
2つの能力は・・・

◎記憶力

◎観察力

DHAを摂取することによって、脳細胞に良い効果をもたらして記憶力がアップするそうです。

観察力が上げるのは目の網膜のDHAがアップすることにより、視力がよくなるためだそうです。
発掘あるある大辞典番組中でも視力測定の結果、視力がアップしている人がたくさんいました。
しかしこの視力がアップしていたというのは、DHAの力によって疲れ目が解消され視力がアップしたということらしいです。
つまり疲れ目によって視力が低下していた状態が改善されたということです。


DHAを多く含む魚ランキング

さらに発掘あるある大辞典番組中で、DHAを多く含む魚をランキングにしていました。

DHAを多く含む魚ランキング

1位 鮪(まぐろ)
2位 鯖(さば)
3位 秋刀魚(さんま)
4位 はまち
5位 きんき
6位 虹鱒(にじます)
7位 太刀魚(たちうお)
8位 鰯(いわし)
9位 鮭(さけ)
10位 鰻(うなぎ)
となっていました。


でこの中でも、あるある大辞典番組中でのおすすめ魚は鯖(さば)でした。

なぜさばが1番のおすすめかというと、EPAという成分が体内のDHAが足りないとDHAに変わるらしいのです。

そしてEPA、DHAを逃がさずにを逃さずにおいしく焼く方法は、
強火で身を焼く⇒中火で皮をの部分を焼く⇒脂ごとしっかり食べる
です。

ちなみに煮ると10%減、揚げると50%減なので焼くのが無難です。
さばもまぐろと同様に頭部にDHAが多く含まれるようです。

EPAを多く含む魚ベスト5は
1位 鯖(さば)
2位 きんき
3位 鮪(まぐろ)
4位 鰯(いわし)
5位 はまち

皆さんも魚を食べましょうね☆☆☆
スポンサードリンク
| 簡単!ダイエット☆ まぐろ、さばに含まれるDHAで脳細胞が若返る | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

「簡単!ダイエット」のコメントについて

「簡単!ダイエット」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「簡単!ダイエット」情報をお願いします。

「簡単!ダイエット」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「簡単!ダイエット」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「簡単!ダイエット」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「簡単!ダイエット」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「簡単!ダイエット」に関連するサイトでしたらOKです。











http://aruaru.hosoki-rokusei.com/trackback/138279