My Yahoo!に追加
簡単☆ダイエット
RECENT COMMENTS
簡単☆ダイエットカテゴリー
ARCHIVES
LINKS
プラチナ☆ダイエット
ブログ管理人
  • ダイエットについてこのブログでいろいろ調べていきたいと思います。お問い合わせはこちらまでお願い致します。
スポンサードリンク

簡単 ダイエットでキレイになる♪♪♪

無理をせず無駄を無くす!超簡単ダイエットの方法や楽して痩せる理想のダイエット! 実感できる方法を発見!試して感動『成功への階段』と、なるようにどんどん応援します!ダイエットや健康についての最新情報も紹介していこうと思います♪
スポンサードリンク
簡単!ダイエット☆メタボリックシンドロームとは・・・
簡単ダイエットの敵!メタボリックシンドロームについて詳しく調べてみたいと思います!

メタボリックシンドロームとは、メタボリックシンドローム(代謝症候群)(Metabolic Syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。

一度は耳にした人もいると思いますが、死の四重奏、シンドロームX、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群インスリン抵抗性症候群などと呼ばれてきた状態のことでもあります。

それぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、ハイリスク群として予防・治療の対象と考えられてきた。このようなリスク重積状態が偶然に起きたとする考え方と、何かの共通基盤(内臓脂肪の蓄積・インスリン抵抗性・遺伝的背景など)に基づくという考え方があり、近年では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が着目されてい る。メタボリックシンドロームでは、内臓脂肪蓄積型肥満=男性型肥満ともいわれている上半身型肥満=リンゴ型肥満に対して注意が呼びかけられている。(一方女性型肥満といわれている洋ナシ型肥満、これは下半身型肥満ともいわれ内臓肥満とはとらえられていない。以前はW/H比、ウェストヒップ比が議論されたこともある。)
続きを読む >>
スポンサードリンク
| 簡単!ダイエット☆メタボリックシンドローム | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
簡単!ダイエット☆「セルライトは消せる!」
      そもそも「セルライト」とは何でしょうか?


        【セルライト】とは・・・

セルライトとは、思春期以降の、太った人から痩せた人までほとんどの女性に見られる現象で、皮下組織の血行不良が原因。皮膚表面がオレンジのように凸凹になるため、見た目にも悪いばかりか肌がかさつく原因にもなります。さらには、セルライトができると、脂肪層はますます厚みを増すことになります。このセルライトがやっかいなのは、いくらダイエットしても、エクササイズをしても、脂肪や老廃物が代謝されないこと。
つまり、体重が落ちても下半身のサイズが変わりにくい原因は、セルライトにあったのです。このセルライトを取り除くには、血行不良を改善する必要があります。血行不良の改善に効果的なのは、暖かくしてマッサージをつづけることです。

【セルライトができやすい状況】
1.むくみやすい
  むくみとは、余分な水分や老廃物が溜まり、血液やリンパ液の流れが悪
  くなっています。
2.きつい下着
  締め付ける下着は、下半身の血管やリンパ管も締め付けて、流れを悪く
  します。
3.便秘
  たまった便からガスが発生し、ガスが溜まった腸が下垂して血管などを圧
  迫し、下半身への循環を悪くします。
4.ダイエット
  栄養不足になったことがある細胞は、次の飢餓に備えるために脂肪を蓄
  えることになります。
5.汗をかきにくい
  汗をかきにくい人は自律神経の働きが悪いことが多く、それに伴って血流
  などの循環も悪くなっています。
6.冷え性
  冷えている人は局所の温度が低く、血液やリンパ液の流れが悪くなってい 
  ます。脂肪細胞は栄養を取り込むことや老廃物を排出することが難しくな
  り、変性を起こします。
7.運動不足
  リンパ液は、筋肉の収縮の力で流れています。運動不足で筋肉を動かさ
  ない人は、リンパ液の流れが滞りがちになります。
8.入浴で温まらない
  シャワーだけで済ませていると、滞った循環を改善することができません。
9.ストレスが大きい
  ストレスを感じたときに出る「抗ストレスホルモン」が自己防衛のために、
  本来は必要の無い「脂肪を蓄えて身を守る」という指令を出します。
10.ハイヒールを好む
  ヒールの高い靴では、足首が固定されるため、ふくらはぎの筋肉の収縮
  が行われず、血液やリンパ液が滞りがちになります。

セルライトは、脂肪さえあれば誰にでもできる可能性があります。痩せていて
も上記条件に当てはまる場合は要注意です。
セルライトを持つ女性の大部分は。脂肪細胞が大きくなったり、むくみや冷え
で代謝が悪くなっている比較的軽い状態なので、日常生活での対策と運動な
どで改善が可能です。
セルライトを放っておいて症状が進むと、代謝の悪化が顕著になるので注意
が必要です。      

(元気がでるからだの本から引用)



マッサージ方法としては、マッサージクリームやアロマオイルなどを使用して、一箇所で力を入れてマッサージするのではなく外側から中心にむかって流れるようにマッサージします。下半身だと下から上へ老廃物を押し流すようなイメージです。膝の裏や脚の付け根のリンパ節がある部分は念入りにマッサージしましょう。そしてなにより毎日継続することがセルライト解消への近道です。
スポンサードリンク
| 簡単!ダイエット☆メタボリックシンドローム | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |